2008年07月11日

近強K>ショーンタックル

近強K>弱ショーンタックル。
移動が終了した時点で、何フレ不利なのか、調べてみました。

◆結論
おそらく−7で密着状態ですね。

◆実験方法
相手はQを選択。
SAは、SA1の突進及び致死連続打撃(仮)を選びました。
発生は、6フレです。
Qにはガード硬直に他のキャラにはない特徴があったので、選びました。
それは、立ガードで他のキャラよりガード硬直が1フレ伸びる。
屈ガード時には、2フレも伸びるという特殊な特徴があります。

以上を踏まえて、では実験。

・屈ガードしているQに近強K>弱ショーンタックル
ショーンは、ショーンタックル後、ガード方向にレバーを入れておきます。
Qが、ショーンの近強Kをガード後リバサでSA発動。
ショーンはガード成功。
攻撃の発生が6フレで、硬直が2フレ伸びているので8フレですね。
8フレの技なら、ガードできます。

・立ガードしているQに近強K>弱ショーンタックル
上と同じように、タックル後は、ショーンにガードさせておきます。
QのSA1を、ショーンはガードできず。
攻撃発生が6フレで、硬直が1フレ伸びているので、7フレ。
ガードさせた後、7フレの技は食らうようです。

タックルの出し切りも調べようと思っていたのですが、忘れてました。
書いてませんが、実はキャンセルを掛ける技を近強Pや屈強Pに変えたりもして調べましたが、結果は同じでした。
ま、当たり前ですかねw


【関連する記事】
posted by いわお at 01:31| Comment(0) | ショーン対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。