2008年11月28日

アレク:ユリアン その1

◆SA選択
ユリアンはSA3エイジスリフレクターを、アレックスの選択SAはブーメランレイドを想定。

◆ユリアンの技への対策
・(弱or中)チャリオットタックル
先端当てのような形を狙ってきます。
技後、ユリアンは屈状態と立状態の選択をすることができる。
ユリアンが屈状態を選択した場合、アレクは屈中Pで反撃ができる。
ユリアンが立状態を選択した場合、exスラッシュエルボーでの反撃が安定。
それ以外の技での反撃は難しい。
ユリアンが立状態を選択すると読んで、屈強Kといった選択肢もある。

・通常技
ユリアンが技を振ったところでの後出しが基本。
6中Pを被せていくように撃つと、ユリアンの大抵の技を潰していける。
アレクの屈中Pとユリアン側の屈中Kのリーチは、ほぼ互角。
ユリアンの屈中Kの空振りには、屈中Pを刺し返していくと良い。

・ジャンプ強K
判定が強く、地上でBLしても、見返りが少ない。
こちらもジャンプして相手に攻撃を被せていくのが良い。
判定の先を中Pで合わせると潰せるので、相手がバックジャンプ強Kで逃げている場合は、これで狙うと良い。

◆起き攻め
ユリアン側の起き上がりの選択肢に、デンジャラスヘッドバット(以下、ヘッド)という強い技があるので、起き攻めはそれへの対策を考えたものになる。
ユリアンの起き上がりは、このヘッドを見せつつ、これへの潰し技に前BLを狙ってくるというのが、よく見るスタイル。

ガードを崩す投げは、通常投げを基本に使う。
パワーボムは、ユリアンがヘッドを撃ってきた場合、ヘッドがスカり、屈強Pからのコンボを食らいやすい。
使う時は、このリスクを覚悟すること。

・EX技分のゲージがある
exフラと通常投げの二択が使いやすい。
exフラはヘッド対策とある程度のBL対策になる。

・ゲージがない場合
強P、4強P、屈弱K、中Pあたりが打撃の選択肢。
これに通常投げを組み合わせる。

強P
ヘッドと屈ガードを潰せる。前BLに弱い

4強P
ヘッドとBLを潰せる。ガードされると投げで反撃を食らいやすい。

屈弱K
ヘッド対策と前BL対策になる。
ヘッドにスカった場合は、ユリアンの着地硬直を投げる。
空中ヒットした場合は、着地攻め(TDKになっている)

キャンセル中フラッシュチョップなどは、相手のヘッドに弱Kが空中ヒットした場合、投げで反撃を食らうので使わない方が良い。

中P
ユリアンの投げ範囲外から重ねていく。
BLを見てから、キャンセル中フラなど。

・ヘッド対策技 早見表
exフラ、スラッシュエルボー、各種強P、屈弱K


posted by いわお at 00:44| Comment(2) | ユリアン対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そこで是非とも立大Kをオススメしたく!

オススメしたく・・・

前BLから相手のダッシュ屈大Pが確ったのには爆笑しましたw
Posted by カズヤ at 2008年11月28日 00:52
あ、素で忘れてたw

BL>ダッシュ屈大P、自分も食らったことがありますわw
他にもBLされたら、ゲージがあってもフォローできないわ…
ガードされてexタックル食らうわ…
そんなこんなで散々な技のイメージですが、1ボタンで出せるのは良いことですよねw
Posted by いわお at 2008年11月28日 01:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。