2009年03月01日

3rd:グラップディフェンス潰し

屈グラップディフェンスには下BLから近中Kコンボを狙い、投げ返しを狙ってきた相手は中強フラで潰す方法を考えてみました。
やることは、
下BL入力>ハイジャンプキャンセル中Kずらし押しフラッシュチョップ

(レバー 波動拳は、236+Pになる)
789
456
123


レバー操作を書くと、
2>2369+中Kずらし押し中P
中フラで使う予定なので、最後を中Pに。

以前は、
2(少し溜めてから次の入力へ)36+中Kずらし押し中P
といったものを使っていました。

最初の2でBLを狙いBL時には近中Kを狙い、フラで投げをスカすことを狙ったものです。
実際は中Kが近距離中Kになって前方移動フラになり、投げられることが多いので止めました。
今回はハイジャンプキャンセルを使っているため、中Kのモーションが出ないため、前方に移動しません。
さらにハイジャンプキャンセルで投げが避けれることもあるかも。

さらにグラップも仕込むことで、さらに安全になるかもしれません。
「・」は、ずらし押しです。
では、コマンド。

2>2369+中K・中P・弱K・弱P

これでexフラを出すことなく、
BL成功時には、中K。
相手が何もしなかった時には、中フラ。
投げられた時は、グラップディフェンス。
これらが出来ます。
最後のはおまけ程度の効能しか期待できませんが。


posted by いわお at 17:15| Comment(0) | アレックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。