2009年03月31日

映画:インクレディブル・ハルク

ヒクソンが出てました。
役名はジュウジュツマスターで、ブラジリアン柔術の秘技であるチョークスリーパーで主人公を締め落とします。
この戦いは壮絶でした。

ヒクソンはハルクに胴タックルを決めるも、ハルクの腰が強くて倒せない。
そこで、ヒクソンはハルクの首を掴み足を胴に巻きつけ引き込み。
それでもハルクは足を踏ん張って耐えるものの、耐え切れなくなるまで待つグレイシーの技に力尽きて、グラウンドへ。
そこからは、あっけないものでした。
ヒクソンは、マウントパンチを的確にハルクの顔面に叩き込み、それを嫌がるハルクは何度も何度もブリッジするのですが、駄目。
ヒクソンはピッタリ張り付き、引き離すことが出来ません。
最後は、パンチを嫌がり亀になったハルクの首へバックから腕を差し込み、チョークスリーパー。
ヒクソン「どんなバケモノも首を絞めれば、落ちる!」
と、叫びフィニッシュ。
以上、素晴らしい対戦でした。
…というのは、嘘です(・∀・)

実際はアイキドウマスターで、ヨガの呼吸法を主人公に教えてました。
何だかなぁと思いました。

そこそこ面白かったですが、個人的にはヒクソンに尽きる映画でした。


posted by いわお at 23:09| Comment(2) | 映画とか! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アイキドウマスタ-がアイドルマスタ-に見えた俺末期
Posted by 465 at 2009年04月01日 05:59
465プロデューサーさんなわけですね!
分かります。
Posted by いわお at 2009年04月01日 20:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。