2009年10月06日

リュウ、ケン、ゴウキ、ショーンの屈強K

リュウ、ケン、ゴウキ、ショーン、俗に言う波動一門の屈強Kを持続当てした時のガード硬直差について。


◆リュウの屈強K
通常硬直差:-13
持続当て時:-10?

・実験方法
ダウンした相手に密着で大足の持続が当たるように重ね、ガード後リバーサルで必殺技を出し、ガードできるか試した。

・試した技
ユン
中絶招歩法 発生:11
ex鉄山靠 発生:11

エレナ
exリンクステイル:11

アレックス
exスラッシュエルボー:10

・結果
書いてあるユンとエレナの技については、全てガードできました。
問題は、10フレーム以降の技についてですが、適当な技がアレックスのexスラッシュエルボー以外に見当たらず、アレックスには11フレーム〜13フレームで相手に当たる適当な技がないため、正確な持続当ての結果が出ているか分かりません。
とにかく何度もやって回数でカバーしてみましたが。

持続当て時の硬直差は おそらく-10フレーム。


◆ケンの屈強K
通常硬直差:-13
持続当て時:-11

・実験方法
ダウンした相手に密着で大足を当てて、エレナの弱リンクステイルとexスピンサイズの反撃を喰らうか試した。

弱リンクステイルの発生:12
exスピンサイズの発生:11

・結果
弱リンクステイル(12)はガード、exスピンサイズ(11)には反撃を食らった。
よって、持続当て時の硬直差は -11フレーム。


◆豪鬼の屈強K
通常硬直差:-15
持続当て時:-12

・実験方法
ダウンしたレミーに密着で大足を重ねて、ガード後レミーは下ソニックで反撃。
中 下ソニック 発生:13フレ
弱 下ソニック 発生:12フレ

・結果
中ソニック(13)はガードできたが、弱ソニック(12)に反撃を喰らった。
よって、持続当て時の硬直差は -12フレーム

◆ショーンの屈強K
通常硬直差:-16
持続当て時:-13

・実験方法
ダウンした相手に密着で大足を重ねて、レミーの下段ソニックでリバーサル反撃。
強下ソニック 発生:14
中下ソニック 発生:13


・結果
強ソニック(14)はガードできたが、中ソニック(13)に反撃を貰った。
よって、持続当て時の硬直差は -13フレーム


※レミーのソニックについて
ゲームレストランでソニックの発生を見た場合、強ソニックの攻撃発生が13、中が12だと思うかもしれませんが、あれは弾が発射される直前のフレームです。
攻撃発生は、さらに1フレ後になります。



以上。


posted by いわお at 00:13| Comment(0) | 3rd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。