2009年12月23日

アレク:空中BLからの攻撃

◆空中BL後の攻撃
BL時の高さが低いと、強Pやフライングクロスチョップが出ない。
あまりに低いと中Kも出ない。
他の技は、おそらく大丈夫。

強Pは、出せる高さが制限されているが、その他の面では優秀。
中K強Kは、横のリーチはあるが、やや下方のリーチが短い。
中Pは、下方のリーチが短くスカりやすいが、発生が早い。
弱P弱Kは、横のリーチが短く威力も低いが、下方のリーチはそこそこ。

(例)
オロの強Kを空中BL時、中Pはスカりやすいが、中K強Kなら当てやすい。

ネクロの1強Pを空中BL時、中Kや強Kの最速発生部分が当たりにくくBLで返されやすいが、弱Pなら当てやすい。

◆空中BL後の状況
空ジャンプから通常投げが届く間合いで飛んでも、空中BLが起きることで着地後に間合いが離れていることがある。
空中BL時の高さが、肩より下だと押し合い判定の関係で、通常投げが届かない間合いに落ちやすい。
空中BLからジャンプ攻撃を出す場合、ジャンプ攻撃のヒット後に間合いが大きく開くことがあるため、コンボを狙う際には注意が必要。

以下は、それらの技のリスト。
・春の強P後
 空振りに被せるように着地した時も起りやすい。
・Qの中P
・フゴの中K
・まことの6強P
・ユンの6強P
・ユンヤンの遠強P
 これはBL時ではなく、被せるように跳んだ時に起きる。


posted by いわお at 00:00| Comment(2) | アレックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドメスンだと、低い場合は大K反撃でしたが、かなり低い場合は小Pからの状況判断を求めてくる選択肢を迫ってくるって感じですな。

これは僕も稀にやってたけど、露骨にやられるとスゲーウザい連携w
J小P>屈小P(ここまでコンボ)>ノーキャン中DDT、とかかなり舐めた連携なのにコンボっぽく決まるんでかなりオススメw
Posted by Aya at 2009年12月24日 10:14
J小P>屈小P(ここまでコンボ)>ノーキャン中DDT
まずDDTを出すところで、潰されるか出せるかで、次に当たるかスカるかで、最後にスカって着地に反撃を食らうかどうかの心配を受け続けるスーパ━(゚∀゚)━!!!!!な連携ですね!
後、正中線まことにやって、ヒット後に反撃を食らうかどうかってのもあったw

普通に使えると思いますけどw
Posted by いわお at 2009年12月24日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。