2010年01月16日

アレク:対ユン 近中K>SA2の注意点

◆アレク対ユン時、近中K>ブーメランレイドがカス当たりになりやすい状況。
レイドの二段目かガードされたりします。

・屈弱K>屈中Kの連携の屈中KをBL後
相手が何かキャンセルしてくれば、立ヒットになりコンボが安定する。
ヤンに対しても同じことが起きる。

・二翔脚ガード後
幻影中の暴発や起き上がり時のリバーサルex二翔脚ガード後等に起きやすい。

・遠強P BL後
これは、最後の投げがスカることがある。


以上。
何の技をというよりも、アレックスの近中Kの始動距離ギリギリで、相手が屈食らいだと起きやすいようです。
注意。


posted by いわお at 23:30| Comment(0) | ユン対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。