2010年05月29日

3rdテクニック:CDSG

CDSG=着地同時しゃがみグラップ
自分の跳び込み時、着地に重ねられる相手の打撃と通常投げ。
その両方を、ある程度安全に回避するテクニック。
新基板か家庭用でしか出来ないと思われましたが、旧基板でも出来ることが分かりました。
命名は、長崎3rd日記のぷらすさん。

◆入力方法
空ジャンプの着地と同時に屈ガード方向にレバーを入れてグラップ入力。
中段打撃でなければ、屈ガード。
相手が通常投げを着地3フレーム以内に重ねてきたら、グラップディフェンスが発生。
ただし、以下のキャラは着地の1フレーム前に屈ガードに入れておく必要がある。
ケン、ショーン
オロ、ネクロ、エレナ
ダッドリー、ユリアン



以下、何故これが可能なのかをダーっと書いてます。
興味がなければ、スルーでOK!



◆グラップディフェンス発生の条件。
長崎3rd日記のぷらすさんが調べてくれました。
一般に思われてることとの違いがあるかもしれません。
自分が考えていたことと少し違いました。

◇グラップディフェンス発生の前提条件
・掴まれたのが技の動作中や投げ動作1F目ではない時
・前or下ブロッキング受付時間中ではない時

◇グラップディフェンス発生条件
1.投げを入力後、2F以内に掴まれた時
2.(旧基板バグ)投げ動作2〜3F目に掴まれた時
3.掴まれたフレーム〜掴まれた4F後までに投げを入力した時

1は、ボタンを押したフレームは含んでいません。
よって、着地1F目に屈グラをすれば着地3F目までは投げを重ねられても大丈夫。

2は、投げ動作1フレーム目を投げられると、旧基板ではグラップディフェンスが出来ません。
ちなみにCDSGは投げ動作を見せないため、投げ入力後1F目に投げられてもグラップディフェンスが出来ます。

3は、投げ成立からボタンを押して抜けれるフレームが4フレ目までということかな?
それなら、今までの5フレームと矛盾しないのですが。


以上を踏まえた上で、次の記事を。
ジャンプの着地の隙|長崎3rd日記

上記の記事で着地が2フレームのキャラは、着地1フレーム目にボタン入力をしても、何も技が出ません。
さらに着地が1フレームのキャラも、コメント欄で書かれていますが、
「着地1F前にレバー下要素を押していると、着地フレームでボタンを押しても技が出ない」
ということが起こせるそうです。

このため着地が1フレームのキャラも、技を出さないで、着地にグラップディフェンスを仕込むことが可能になります。

以上。

◆追記
CDSGに関して、さらにぷらすさんが調べてくれました。
次に挙げるキャラはCDSGができない。

ギル、ショーン、ネクロ、ユリアン
トゥエルヴ、エレナ、ダッドリー、オロ

また、トゥエルヴに限っては、着地1F目は立ちでは技が出ないが屈だと技が出る。
つまり、トゥエルヴは、相手の下段攻撃を無視しても良いのなら、立グラップを使うことでCDSGが出来ます。


posted by いわお at 20:34| Comment(0) | 3rd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。