2006年12月09日

対ユリアン 起き攻めver3(たぶん)

一回りして、帰ってきた感があるw
ほとんど、ヘッド対策となってるかな。

◇基本方針
リュウケンといぶき辺りに多用する垂直ジャンプ起き攻めをメインに。
ジャンプでスカして、ヘッドの硬直に強P。
起き上がりのBL>投げで暴れにも、フルコンボを狙いやすい。
空中BLを仕込むのも面白い。
この場合、ユリアンの屈強Pの発生が遅いので、空中BLを仕込む場合は遅めに仕込むこと。
ヘッドも上昇系の技ではないので、このBLに引っ掛かりやすい。
当然、何もなかったら、着地して投げ。

◇小足ガードさせた後…
ヘッド暴れが多い。
なので、これが鬱陶しいと感じるほどに小足を屈ガードさせれてるなら、素直に生投げを使いましょう。
小足後に、ヘッド狙いのBLを張るのも面白い。
初見のユリアン相手なら、ダメージを取れるポイントでもある。
先に垂直ジャンプの起き攻めを見せておくと、相手が思考放棄からか、ヘッド暴れが多くなるので、効果的。

◇投げ
通常投げを多めに。
相手のグラップディフェンスが多くなった時には、パワボンも混ぜる。
パワボンは、ヘッドですかされて屈強Pとか、弱点が多いので多用しないこと。

背が高い相手なので、垂直ジャンプ起き攻めが非常に効果的。


posted by いわお at 14:53| Comment(2) | ユリアン対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ユリアンの起き攻めについて知り合いから言われてナルホドと思ったのがあります。
「屈大Pの持続重ね」
2HIT目をヘッドやJ逃げに合わすんですけど、
夢が広がりまくる反面タイミングがクソムズイです。

ワッショイ入らないかなぁ・・・
入ったらヤバイなぁ・・・
Posted by カズヤ at 2006年12月12日 10:24
ジャンプ逃げに合わせるって事は、遅めに出すんですかね?
で、持続を当てということは、少し距離を取ってやるわけですな。
これやると、BLされた時に、相手の最速投げがスカるんでしたっけ?

確かにワッショイ入ると、アツイですな〜
ユリが重そうで、無理っぽいですがw
Posted by いわお at 2006年12月12日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。