2007年10月18日

対いぶき 反撃表

◆屈中K
BL:中フラ(先端不可)屈強K(安定)

◆6中K
BL:通常投げ、SA2(不安定)、SA1(難易度高)
備考:SA2は、初段が持続ヒットになりやすいため、安定しない。

◆6強K
BL:中フラ(最速で入れると、空中ヒット)

◆3中K
BL:強フラ(ラウンド開始時の間合い時)
ガード:EXエルボー
(先端)BL:中フラ
備考:終わりの持続部分をBLした場合は、おそらく中フラ不可。

◆雷打
ガード:SA2
弱中強、全て投げスカ

◆首折り(終わり際)
・弱 BL:屈強P
・中 BL:強フラ
・強 BL:強フラ、6強P>SA2
・EX BL:強フラ、6強P>SA1&2
備考:中強EX技の持続の終わりをBL時には、中フラのみ

◆旋
・弱  BL:中フラ
・中強 BL:強フラ
・EX BL:強フラ ガード:EXエルボー

◆旋(下段派生時)
・弱中強
BL:強フラ
ガード:EXエルボー

◆EX旋
BL:強フラ
ガード:弱エルボー

◆風斬り
・弱中強
ガード:中フラ
備考:中強は、密着で屈ガードすることで、強フラが入ることがある。
弱は、逆に中フラが入らなくなることがある。

・EX
ガード:近中K、屈強P、強フラ(相手次第)、中フラ(屈ガード時のみ確定)
※備考
EX風斬りは、しゃがみ着地すると、いぶきの硬直が減る。
立ち着地時には強フラが入るが、屈着地されると強フラは入らない。
また中フラでの反撃も、風斬りを立ガードした時には確定しない。
風斬りを屈ガードした時は、ネクロで強トルネイドフックも確定するので、1フレの猶予はある?


【関連する記事】
posted by いわお at 00:00| Comment(0) | いぶき対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。