2009年05月30日

連打キャンセルの性能差

ボタン連打で簡単に出来る連打キャンセルですが、キャラによって性能が違います。
リュウやケンの連打キャンセルと違い、2段目の発生が遅いのか、キャンセルが遅いキャラがいます。

◆性能が違うキャラ
アレク、ユリアン、ダッドリー



◆実験 その1
リュウケンの屈弱Pと同じ発生フレームで連打キャンセルできる弱攻撃を調べた。

アレックス:屈弱P
ユリアン:屈弱P
ダッドリー:屈弱K

・方法
DC版3rdのブロッキング(以下BL)トレーニングモードで、それぞれのキャラに上記の技を連打キャンセルさせて2発出させる。
初段BL後、2発目を発生10フレームのアレクのexフラッシュチョップとユリアンの屈強Pで割り込めるか試した。
リュウやケンの屈弱P×2の場合、初段BL後exフラッシュチョップやユリアンの屈強Pで割り込めない。

・結果
アレックスのexフラッシュチョップ、ユリアンの屈強Pで2発目に割り込めた。



◆実験 その2
ダッドリーの屈弱Pの発生はヤンの弱Pと発生は同フレームの4フレーム。
連打キャンセルの性能が同じか調べた。

・方法
DC版3rdのブロッキング(以下BL)トレーニングモードで、それぞれのキャラに上記の技を連打キャンセルさせて2発出させる。
初段BL後、発生9フレームのユリアンの立中Kトゥエルヴの屈中Kで割り込めるか試した。

・結果
ダッドリーの弱Pには割り込めたが、ヤンの弱Pには割り込めなかった。


以上の結果から、アレク、ユリアン、ダッドリーは、連打キャンセルが掛かるのが遅いか、2発目の発生が遅いと思われる。


posted by いわお at 00:00| Comment(0) | 3rd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。