2009年11月14日

対ゴウキ反撃表 通常技

DCで調べました。
BL=ブロッキング
QS=クイックスタンディング
フラ=フラッシュチョップ、エルボー=スラッシュエルボー

◆中K
・BL
中強フラ、6強P、EXフラ
弱K>SA2、中P>EXフラ(※)
※先端BL時に、中Pが届かないことがある。少し前に歩いてから打つと確実。


◆強P
・BL
中強フラ、2強P、EXフラ
中P>EXフラ(1ヒットダウン)、弱K>SA2


◆近強K
・BL
強フラ、2強P

・ガード
弱K
※密着で初段を屈でスカして2段目のみガードした時に届く。

◆強K
・BL
中強フラ、6強P、exフラ
弱K>レイド、中P>exフラ(※)
※中P>exフラについて
先端BL時に狙うと、EXフラがスカることがある。少し前に歩くと確実。

◆屈強K
・BL
中強フラ(※)、exフラ、弱K>レイド

・ガード
exエルボー、弱K(先端不可)
※中強フラは、最先端BL時には届かない。


◆6中P
・BL
中フラ、強フラ


◆中P>強P(ターゲットコンボ)
・ガード
EXエルボー


◆豪鬼の中攻撃(BL)>中or強竜巻
・密着で中攻撃をBL後の割り込み技
中P、屈弱P(>SA2)※

※中足を最先端BL時でも、竜巻を出してくれば、SA2が全段ヒットする。

・先端BL時
屈中P、6中P

◆屈中K
・BL
中フラ
弱K>SA2、屈弱P>SA2(※)
※SAが全段繋がる間合いが、割と広い。
豪鬼の前通常投げから、アレクにQSに一歩も動かず中足を重ねてきたなら、中足をBL後の屈弱P>SA2は全段ヒット。


◆近or屈強P(ココでBL)>竜巻斬空脚
・強PBL後、竜巻に割り込める技
通常投げ


◆屈中K>豪波動拳 波動をBL後の反撃
豪鬼がアレクに前投げ後、QSを取ったアレクに一歩も動かず中Kを重ねた間合いを想定。
・反撃技
6中P、4強P、屈強K、exフラ
弱K>SA2
※6強Pは届かない。


以上。
posted by いわお at 00:00| Comment(0) | 豪鬼対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

竜巻と空刃脚

◆竜巻斬空脚
着地の最初は「立ち固定」
ただし、非常に短いですが。
そこから、硬直を立状態と屈状態を選べます。

◆空中竜巻斬空脚
地上の竜巻斬空脚の同じで、硬直の最初は「立ち固定」
その後は、立状態と屈状態を選べる。

◆天魔空刃脚
着地時に、屈と立ちを選べる。
ただ、技入力後に一度レバーを下方向に入れると、BLか暗転がない限り、着地は屈食らいになる?

以上。
posted by いわお at 14:31| Comment(0) | 豪鬼対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

対ゴウキ反撃表 必殺技

DCで調べました。
BL=ブロッキング、G=ガードです。
反撃できるものが感覚的に分かりそうなものは除外しています。

◆波動拳
BL:中フラ
備考:ゴウキの前通常投げ後、クイックスタンディングを取ったアレクに、その場から中足>波動(BL)を出した間合いのもの。

◆強灼熱波動拳
全て密着時のもの。
・3段BL
なし。ゴウキ側が有利。

・三段目赤BL
中フラ

・二段目から食らった場合
exフラ、弱フラ

・三段目のみ食らった場合
exフラ、弱フラ

◆中灼熱波動拳
・二段BL
6中P

・二段目赤BL
弱エルボー、強フラ

・二段目のみ食らった場合
中フラ、exフラ、屈強K

◆中竜巻
BL:中フラ
G:SA1、SA2、弱K>SA2、屈弱P、中P(密着時のみ)
※ガード時反撃の注意
相手が竜巻後に屈状態を選択した場合、SA2をリバーサルで出せなかった時の発生は通常の2フレ部分は相手に当たらず、持続部分が当たる。
そのため、強竜巻かどうかを判断してからの反撃は、思っているよりも猶予が少ない。
注意。

◆強竜巻
BL:中K
G:SA1、SA2、屈弱P、中P(密着時のみ)
備考:中竜巻の時と同じ。こちらは判断が楽なので、あまり関係ないが。

◆百鬼豪衝(百鬼P)
BL:中フラ(最低空で試したつもり)
G:SA1、SA2

◆百鬼豪刃(百鬼K、通称百鬼蹴り)
BL:中P、SA1、SA2
※実は最低空豪刃には中Pでも無理。他は、ほぼ確定で入る。
SA2は、相手が屈状態を選ぶと持続発生になり反撃が難しい。

◆百鬼豪斬(百鬼スライディング)
BL:強フラ
G:EXエルボー

◆百鬼豪斬(持続当て)
BL:中フラ(先端時不可)
G:SA2
備考:SA1は何度試しても届かなかったので、不明。

◆中昇龍拳
BL:強K>強K
備考:中昇竜をBL後、最速で強K。


◆強昇龍拳
G:強K>強K
備考:屈ガード時にできました。
1発目を最速で出すと、2発目が繋げやすい。

posted by いわお at 01:38| Comment(0) | 豪鬼対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

豪鬼:ガードさせた後に食らう反撃

・中エルボー
屈中K、屈強K
先端当てでも、屈中K>弱竜巻が届く。

・EXエルボー
1BL>SA1
割と嫌な反撃。
たまたま1BLされた時に、きっちりされると、嫌になる。

・強K&屈強K
SA1
かなり近距離でガードさせない限りは、そうそう反撃はもらいません。
SA1は、中Kか強Kをスライド入力してSAを出されると、反撃能力が若干UP。
posted by いわお at 01:58| Comment(0) | 豪鬼対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

「中強竜巻」対策

ゴウキ戦では、通常投げ後、ダッシュで近寄りたいですが、それをすると竜巻と投げで逆二択を喰らってしまいます。
これを防ぐ方法は、ダッシュをしないこと。

が、もしも、ダッシュをしてしまった時…
そして、竜巻が読めていた時…
こういう時、中竜巻に最大反撃を!
強竜巻にも、きっちり反撃を!
というわけで、その方法。
ダッシュして、屈ガード。
以上、終わり。

これだけだと、意味が分かりませんか。
ゴウキの中強竜巻は、しゃがんでいる相手にも当たるというナイスな性能です。
しかし、中竜巻は2段目が、強竜巻は3段目が、屈ガードしている相手にスカります。

中竜巻の3段目は、青BL。
強竜巻の4段目を青BL。
初段と2段目を屈ガードすれば、的確に最大反撃が取れる人もいるかもしれません。
posted by いわお at 02:53| Comment(0) | 豪鬼対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

アレクによるゴウキの百鬼対策

強P>百鬼と画面端で連発されるだけで、意外ではなくウザイ百鬼襲。
対策とか。

・生百鬼
ジャンプ強Kが落としやすい。
バックジャンプで出すか、垂直かは状況を見て使いましょう。

・通常技>百鬼
画面中央ならば、基本的に生百鬼と同じ対策でOK。
画面端時は、6中Pが意外と相性が良い。
しかし、百鬼空刃を、高めでめくり気味に出されると、負けることが多い。
こういう場合は、素直にエルボーで逃げるのが良いです。
非情に簡単です。

・百鬼からの投げを読んだら
垂直ジャンプで投げをスカして、フルコンボが狙えます。
この場合は、画面端の方がやりやすいですね。

・百鬼空刃をBL
成功した場合、素早く状況判断して、反撃を決めなければならない。
着地地点が遠い場合、痛い反撃は、ほぼ入りません。
必殺技のためか、BLするとアレクの体を、すり抜けるように裏に落ちたりする。
BLを狙うのは、割に合わない事が多いです。
たまに近中Kがクリーンヒットしたりしますが…

以上。
posted by いわお at 01:25| Comment(0) | 豪鬼対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。